事業所案内

ごあいさつ

木口 隆 ごあいさつ

 2004年6月に、税理士の渡辺亮一と木口隆により、税理士法人ピアツーピアと有限会社ピアツーピアを設立。
現在税理士5名、ほかにFPや行政書士等のスタッフで山形県内を中心に活動しております。
 関与先の皆様との信頼関係を基礎として、税務や会計、リスクマネージメントなど、皆様の最も身近な経営のパートナーになるために頑張っています。

経営理念

当たり前のことを当たり前にできる会社

 「当たり前のことを当たり前にできる会社」であること。 「信頼と尊敬の関係をお客様と構築すること」が私たちピアツーピアの基本理念です。

 『ピアツーピア』とはパソコン用語で、複数のパソコンを対等に接続するネットワーク手法のことをいいます。 face to face のような直接的な関係、という意味でもありますが、お互いが対等の関係であるという意味でもあります。 どちらかが一方的に遜るというお付き合いではなく、人間と人間との関係において、仕事を通じて、互いに信頼しあえる、尊敬しあえる関係を構築していくことが最も重要なことだと考えているからです。 「この会社と付き合っていて本当によかった」と言って頂ける会社でありたいと願っていますし、私たちもこのお客様とお付き合いさせていただいて、本当にありがたかったと思えるような仕事をしていかなければならないと思っています。

 またこのような関係は、社内的な人間関係についても同様であると考えています。 出資者・経営者・従業員という立場の前提には、やはり「信頼と尊敬」がなければならないと思うからです。

 「当たり前のことを当たり前に」はピアツーピア設立当初から私が言い続けている、こだわり続けている言葉でもあります。 これにも2つの意味があります。ひとつは「当たり前」を常に立場を変えて考える習慣を持つ必要があるということです。 私たちのスタッフが考える「当たり前なサービス」とお客様が考える「当たり前のサービス」には違いがある、ということを常に意識して行動しなければならないということ。

 またもうひとつは、昨日「当たり前」だったことが、今日は「当たり前」ではなくなってしまっているかもしれない、ということを私たちは常に意識していなければならないと思います。 慣れ、習慣というのはとても恐ろしいものでもあります。「当たり前」でなくなっていることに気づいていても、「慣れ」がそれを改めさせないことがあります。

 私たちはいつも「当たり前のことが、当たり前に本当にできているのか」を問い直していなければならないと思っています。

 

社名の由来

ピアツーピア
Peer-to-Peer(P2P)

パソコン同士を直接つなぐ
ネットワークの利用者たちが自分たちのパソコンや携帯端末を用いて、
手持ちの情報を交換したり、共同でプログラムを処理したりする方法。
複数のパソコンを対等に接続するネットワーク手法。

事業所所在地

〒990-2339
山形市成沢西一丁目8番地25号 P2Pハウス
電話番号:023-689-1550 FAX:023-688-1880

大きな地図で見る

相続手続きでお困りではありませんか?私達にお任せください

経営革新等支援期間に認定されました。

ピアツーピア

ピアツーピア外観

山形県山形市成沢西1-8-25 P2Pハウス
TEL 023-689-1550
FAX 023-688-1880

お問い合わせはこちら


a

a

ページトップへ